英語の間違い探し【喫煙所】の英文にあるミスは?

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

英語で「喫煙所」と言いたい時に[smoke-free area]では間違え!

英語の間違い探し【喫煙所】の英文にあるミスは?
英語の間違い探し【喫煙所】の英文にあるミスは?

間違っているのは【smoke-free】

[free]と書いてあるので「自由」というニュアンスで「喫煙自由だ~!」と思ってはいけません。

[free]は確かに「自由」という意味がありますが、「〇〇-free」のように後に付ける場合は「〇〇がない」という意味になります。

要するに[smoke-free]と言ってしまうと、「煙が無い=禁煙」という意味になってしまうので、「喫煙所」という意味とは真逆になってしまう訳ですね。

つまり「喫煙所」と英語で言いたい場合は[smoking area]が正解です。

この「〇〇 free」という表現は他にもたくさん使われており、身近な例でいうと「デューティーフリー:duty free」などがあります。

これは「duty(関税・税金)がない」という事で、外国人旅行者向けに税金を取らない「免税」を表現する英語となるわけですね。

[-free]を使った英語日本語
smoke-free喫煙所
sugar-free砂糖不使用
oil-free油不使用
fat-free無脂肪
duty-free免税
barrier-free段差の無い
gluten-freeグルテン不使用
dairy-free乳製品不使用
[表]:「〇〇 free」という英語表現一覧まとめ

海外ではほとんどの公共の場所が法律で禁煙である場合も多い為、[smoke-free]と書いてあるものを「喫煙所」だと勘違いしてタバコを吸ってしまうと大変な事になってしまうので、ぜひ、上の表にまとめた「〇〇free」の英語表現をしっかり覚えておきましょう。

合わせて、休憩時間に関連した【コーヒータイムは英語で通じる?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました