【梨】は英語で何て言う?「洋ナシ・皮を剥く」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

秋の味覚の代表格で、みずみずしさとシャリシャリの食感であふれ出る果汁が特徴の果物【梨(ナシ)】は英語で何て言う?

食感抜群の秋の味覚【梨(ナシ)】は英語で何て言う?
食感抜群の秋の味覚【梨(ナシ)】は英語で何て言う?

「梨」は英語で【asian pear】

秋になると店頭に並ぶ果物で、瑞々しさとシャリシャリの食感が魅力の果物「梨(ナシ)」は英語で[asian pear]などと表現します。

一般的に、英語で「梨:pear」と言うと、普通は円錐やひょうたんのような形をした「洋ナシ」をイメージされます。

スポンサーリンク

日本で西洋の梨を「洋梨(西洋のナシ)」と区別するように、西洋でもアジア圏の梨を[asian pear:アジアの梨]と言って区別しているんですね。

特に日本のナシについては[nashi pear]という英語を使って表現する事もあり、英語版Wikipediaの[pear:ナシ]の項目内にも[nashi pear]という表記があるんです。(リンクは英語版Wikipedia)

例文として、「梨の皮を剥いておいてくれる?」は英語で[Can you peel the nashi pear for me?]などと言えばオッケーです。

スポンサーリンク

日本のナシは水分量が非常に多く、シャリシャリの食感という事もあり、生でそのまま食べる人がほとんどですが、海外では煮込んでコンポートにしたり、パイやケーキに使うなど、お菓子にする人なども多いようです。

ちなみに、梨はお尻の部分の方が甘いそうなので、切り分ける時にうまく切って自分だけ甘い梨を食べるなんて裏技が出来ますよ…!

合わせて秋の風物詩【ぶどう狩りは英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました