ドイツで電車が消えた!その驚きの対処法とは?【ドイツで女子大生してました(15)】

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドイツで電車が消えた!その驚きの対処法とは?【ドイツで女子大生してましたvol.15】

<ドイツで電車が消えた!その驚きの対処法とは?>ドイツで女子大生してました[#15]

今回の海外ハプニング第2弾は、消えるドイツの電車編です。
(消えるバス編はこちら)

私は大学に登校するときRegional Bahnという、日本でいう特急電車のような電車を使っていました(それだけ遠くの学生寮に住んでいたという事なんですが…)。

その特急電車はよく遅延するのですが、その日は一味違っていました。

スポンサーリンク

ホームで電車を待っていると、「1番線に電車が参ります、ご注意ください。」というアナウンスが流れました。

しかし次の瞬間!電光掲示板からその電車が消えたのです!!

驚いた私は、思わず電光掲示板を2度見してしまいました。

しかし地元の人たちは「そんなの慣れっこ」と言わんばかりに、ゾロゾロとホームを去っていきます。

「一体どこに行くんだ?」と疑問に思いながら、前に倣えという日本人の性質をフルに発揮して地元の方々に着いていくと、そこには振り替え用のバスが来ていたんです。

スポンサーリンク

当然バスは大混雑・・・。日本の超満員電車の感覚を、まさかドイツで体験できるとは(笑)

そんな満員バスに揺られて、なんとか始業前に大学に着く事が出来ました。

日本の電車は世界的に時間通りである事がよく知られており、数分遅れただけで「お急ぎのところ電車が遅れて、大変申し訳ございません。」とアナウンスが流れますよね?

私はいつも心の中で「数分の遅れで謝る必要なんてないのに〜」と叫んでいます。

スポンサーリンク

海外では、今回のように急に電車が来なくなったり、出発時間がそもそも決まっていなかったり、なんてこともザラにあるので、日本の交通機関のありがたみがよくわかるんです。
(例えば中国の鉄道についてはコチラ

みなさんもぜひ寛大な心で、電車を待ってあげてくださいね。

さて次回はドイツに行ったことがある人ならご理解頂けるであろう、天気にまつわるお話です。

思い出しただけでも・・・と、内容は次回までのお楽しみです!

今回の記事で気になる電車ですが、日本の電車で唯一の困りごと【満員電車】は英語で何て言う?も記事でチェックしよう!

タイトルとURLをコピーしました