スポンサーリンク
AI英会話スピークエルスピークエルをapp storeでダウンロードスピークエルをgoogle playでダウンロードAI英会話スピークエル

【貧富の差】は英語で何て言う?「貧富の差が広がる・格差」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

富める者と貧しい者の【貧富の差】は英語で何て言う?

金持ちと貧乏の【貧富の差】は英語で何て言う?
金持ちと貧乏の【貧富の差】は英語で何て言う?

「貧富の差」は英語で【gap between rich and poor】

金融資産を多く持っているお金持ちと、お金を多く持っていない貧乏人との差を社会問題としてとらえた「貧富の差」は英語で[gap between rich and poor]などと表現します。

ここで使われている[gap]は「隔たり・ずれ・隙間」などを意味し、[rich]は「お金持ち」、[poor]は「貧乏(人)・貧困層」などを意味する英単語です。

スポンサーリンク

つまり、英語では「お金持ちと貧困層の間の隔たり」というニュアンスで貧富の差を表現する訳ですが、ポイントはその語順です。

日本語では「貧富」と「貧→富」の順ですが、英語では[rich and poor]と「富→貧」の順になるので間違えないように気を付けましょう。

例文として、「日本でも貧富の差は広がっている。」は英語で[The gap between rich and poor is widening even in Japan.]などと言えばオッケーです。

スポンサーリンク

この例文のように「貧富の差が広がる・貧富の差が拡大する」は英語で[the gap between rich and poor widens]なんて言えるので覚えておきましょう。

ちなみに、貧富の差が大きくある事を「格差」などと言ったりしますが、英語では[(wealth) gap]なんて表現する事が出来ますよ。

合わせて、貧富の差とは直接関係ない【貧乏ゆすりは英語で何て言う?】をチェック!