【違いが分かる】は英語で何て言う?

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ネスカフェのCMのキャッチコピーとしても使われていた【違いが分かる】は英語で何て言う?

【違いが分かる】は英語で何て言う?
【違いが分かる】は英語で何て言う?

「違いが分かる」は英語で【can tell the difference】

格付け番組やグルメランキング番組などを見ていると、微妙な味の差などをはっきりと認識できる「違いが分かる」人が活躍していますよね。

そんな「違いがわかる」は英語で[can tell the difference]などと表現出来ます。

「分かる」を表す英語として思いつくのが[know]ですが、ネイティブの会話では[can tell]や[can’t tell]といった言い方がよく登場します。

スポンサーリンク

直訳すると「伝えることが出来る・伝えることが出来ない」という意味になりますが、実際には「分かる・分からない」という意味で使われているんですね。

例文として、「彼は違いが分かる。」は英語で[He can tell the difference.]などと表現できますよ。

また、CMっぽく「彼は違いの分かる男だ。」と英語で言いたければ[He is the man who can tell the difference.]なんて言ってみましょう。

合わせて、【彼はマイペースに仕事するは英語で何て言う?】をチェック!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
英語クイズ
英語の達人をフォローする
関連記事
英語の達人WORLD
タイトルとURLをコピーしました