【パイシート】は英語で通じる?通じない?

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

パイやクロワッサンが簡単に作れる【パイシート】は英語で通じる?通じない和製英語?

【パイシート】は英語で通じる?通じない和製英語?
【パイシート】は英語で通じる?通じない和製英語?

「パイシート」は英語で【通じない】

アップルパイやチョコレートパイだけでなく、キッシュやクロワッサンなどを作る際に使う何層にも重ねたパイ生地を日本語では「パイシート」と言いますが、英語では使わない和製英語です。

パイのシートだから[pie sheet]でも良さそうですが、英語では[puff pastry sheets]と呼ぶのが一般的です。

スポンサーリンク

ここで使われている[puff]は「軽い焼き菓子」というニュアンスで、[pastry]は「(パンやパイの)生地・皮」という意味なので、[puff pastry]で「パイ生地」という意味になります。

「シート」はそのままですが、商品などを含めて基本的には[sheets]という複数形の形で使う事が多いですね。

例文として、「パイシートはどこに売っていますか?」は英語で[Where can I find puff pastry sheets?]と表現すればオッケーです。

スポンサーリンク

ちなみに、保存が便利な冷凍状態の「冷凍パイシート」は[frozen puff pastry sheets]などと表現出来ますよ。

合わせて、大人にも子供にも大人気の【ドリアは英語で通じる?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました