【葬儀屋】は英語で何て言う?「遺骨・火葬・土葬」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

葬儀を執り行う【葬儀屋(葬儀社)】は英語で何て言う?

【葬儀屋(葬儀社)】は英語で何て言う?
【葬儀屋(葬儀社)】は英語で何て言う?

「葬儀屋」は英語で【funeral home

人が亡くなった時の葬儀(お葬式)を執り行う業者で、ご遺体の管理から葬儀の段取り・進行、様々な許可証の発行などを行う「葬儀屋」は英語で[funeral home]などと表現します。

ここで使われている[funeral]という単語は「葬式・葬儀・告別式」などを意味する単語です。

スポンサーリンク

他にも、葬儀屋・葬儀社の英語として[funeral parlor]という表現もあるので覚えておきましょう。

例文として、「彼女は葬儀社で働いていた。」は英語で[She worked at a funeral home.]などと言えばオッケーです。

また、「父は、故郷で葬儀屋を営んでいる。」は英語で[My father runs a funeral home in my hometown.]なんて言いますよ。

スポンサーリンク

ちなみに、葬儀屋さんが手配する事も多い「火葬」は英語で[cremation]と言いますが、海外ではよくある遺体をそのまま埋葬する「土葬」は英語で[burial]などと表現します。

また、火葬した後に残る「遺骨」は英語で[remains]と言うので覚えておきましょう。

合わせて、葬儀屋さんが手配する【お通夜は英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました