【監督】は英語で何て言う?

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

サッカーや野球などのスポーツや、映画などの【監督】は英語で何て言う?

スポーツや映画の【監督】は英語で何て言う?
スポーツや映画の【監督】は英語で何て言う?

「監督」は英語で、種類によって違い【coach・manager・director】

監督と言えば英語で「ディレクター:director」だと思っている人も多いですが、この[director]は映画などの監督という意味で使われる表現でスポーツの監督としては使われません。

スポーツの監督は競技や職種によって[coach, manager, head coach, selector]などが使われるという違いがあります。

スポンサーリンク

スポーツで最も一般的な「監督」は「コーチ:coach」という表現で、スポーツクラブや部活の監督という意味でも[coach]を使うと良いでしょう。

日本語で「コーチ」と言うと、監督の下について練習を補佐するイメージがありますが、日本語的なコーチは英語で「アシスタントコーチ:assistant coach」という違いがあるので気を付けましょう。

また、バスケットやアメフト(アメリカンフットボール)では、監督の英語として「ヘッドコーチ:head coach」という表現もよく使われ、これは「コーチ陣の長」という事ですね。

スポンサーリンク

プロ野球やプロサッカーの監督としては「マネージャー:manager」という表現もよく使われますが、こちらはプロスポーツの監督の仕事が競技の指導だけではなく、クラブの運営や経営などにも関わってくることから「経営者・管理者」という意味の[manager]が使われていると考えると分かりやすいでしょう。

ちなみに、日本代表チームなどの「代表監督」を英語で[selector]と言い分ける事もあります。

これは文字通り「セレクトする人=選考者・選択者」という意味で、普段のクラブチームの監督とは違い、国を代表する「選手達を選考をする人」である代表監督の仕事を明確に言い分けた英語です。

スポンサーリンク

英語ではあまり一般的ではありませんが、スペイン語では[seleccionador・seleccionadora(男性名詞・女性名詞)]、フランス語では[selectionneur・selectionneuse (男性名詞・女性名詞) ]と、代表監督の肩書に「選ぶ人」という意味の言葉が使われている国も多いんですよ。

合わせて、大型大会やトーナメントの【決勝は英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました