中国人オタクの日本語のクセが強い!!【中国クセつよ留学生活(8)】

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
中国人オタクの日本語のクセが強い!!
中国人オタクの日本語のクセが強い!!【中国クセつよ留学生活vol.8】

<中国人オタクの日本語のクセが強い!!>中国のはしっこでクセつよ留学生活4コマ漫画[#8]

海外留学するからには現地の友達をたくさんつくりたいですね。

中国人オタクの日本語のクセが強い!!1
中国人オタクの日本語のクセが強い!!2
中国人オタクの日本語のクセが強い!!3
中国人オタクの日本語のクセが強い!!4

ところが私の場合は語学留学だったので、クラスメイトもルームメイトも全員留学生で、日常生活では先生以外の中国人との接点が全くありませんでした。

当初1か月ぐらいは中国人の友人が全くできず焦っていたのですが、幸いにも留学先の大学には日本語学科があったので、先生に頼み込んで日本語学科の中国人学生と交流する機会を設けてもらいました。

スポンサーリンク

そこでようやく中国人学生たちと仲良くなり、お互いに勉強を教え合うなどしてよく一緒に過ごすようになります。

その後は友人の友人として紹介してもらったり、校内でよく顔を合わせるうちに仲良くなったりと、自然と中国人の知り合いが増えていきました。

なかでも中国人学生で一番仲良くなり、同時に一番クセが強かったのが、アニメオタクの男子学生。

校内で日本人同士喋っているところを、「あれ、君たち日本人?」と声をかけられたのが知り合ったきっかけです。
ガ◯ダムのファンだったため、”ガ◯ダム”というニックネームで日本人学生たちに親しまれるようになりました。

スポンサーリンク

彼は日本のアニメを観ているうちに日本語を完全に覚えてしまったそうで、私たちとも日本語で問題なく会話できます。

ただ、アニメを参考にしているため、日本語のクセがものすごく強かったです。
ふつうに笑顔で「キサマ」と言ったり…アニメの影響ハンパないですね。

ともあれ、アニメ文化のおかげで仲良くなることができ、留学生活の中で一番記憶に残った友人でした。

ただ、彼の本名はなんだったのか、残念ながら記憶に残っていません。

今回の記事で気になる、アニメなど色々な分野に深くのめり込む【オタク】って英語で通じる?も記事でチェックしよう!

前回の話【中国で出会ったスリランカ人クラスメイトの言動が不安過ぎる】もチェック!

タイトルとURLをコピーしました