【早番】は英語で何て言う?「月曜日は早番・早番を替わって貰えますか」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

早い時間から出勤する【早番(早出)】は英語で何て言う?

出勤形態の【早番(早出)】は英語で何て言う?
出勤形態の【早番(早出)】は英語で何て言う?

「早番(早出)」は英語で【early shift】

従業員が交代で勤務体制を組むような職場において、普通より早い時間に出勤して働く「早番(はやばん)」や「早出(はやで)」は英語で[early shift]などと表現します。

ここで使われている[early]は「早い・早く」という意味で、[shift]は「シフト・交代制」などを意味する単語です。

スポンサーリンク

つまり、英語では「早いシフト」というニュアンスで早番・早出を表現する訳ですね。

例文として、「いつも月曜日は早番なんです。」は英語で[I work the early shift on Mondays.]などと言えばオッケーです。

この例文のように「早番である・早番だ」は英語で[work the early shift]と言ったり、もう少し簡単に[on the early shift]なんて表現が出来ますよ。

スポンサーリンク

他にも、「来週金曜日の早番を替わって貰えますか?」は英語で[Can you cover my early shift on next Friday?]などと言えるので、シフトを替わってもらいたい時に使ってみましょう。

合わせて、早番などで稼いだ給料の中で手元に残る【手取り額は英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました