【大金星】は英語で何て言う?「大金星をあげた・2-1で撃破」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

格上の相手に勝利する【大金星】は英語で何て言う?

格上に勝利する【大金星】は英語で何て言う?
格上に勝利する【大金星】は英語で何て言う?

「大金星」は英語で【massive upset】

スポーツの試合などで、到底勝ち目がないと思われていた相手に対して勝利を収める事を意味する「大金星」は英語で[massive upset]などと表現します。

ここで使われている[upset]は、元々物理的に何かを「ひっくり返す」という意味のある単語ですが、そこから良くも悪くも「(想定されていた結果を)狂わす・ひっくり返す」というニュアンスで使われています。

スポンサーリンク

更に、[massive]には「大きな・大規模な」という意味があるので、英語では「大規模に結果をひっくり返す」というニュアンスで大金星を表現する訳ですね。

例文として、「日本がドイツから大金星をあげた。」は英語で[Japan pulled off a massive upset against Germany.]などと言えばオッケーです。

他にも、大金星の英語として[massive]の部分は色々な単語で置き換える事が出来るので、[huge upset]や[big upset]、[biggest upset]なんて表現も出来ますよ。

スポンサーリンク

ちなみに、このような大金星の試合を表現する際に「撃破する」というニュアンスでよく使われる英語が[stun]です。

例えば、ニュースや新聞などの見出しとして「日本が4度ワールドカップを制したドイツを2-1で撃破」は英語で[Japan stuns four-time world cup champion Germany 2-1.]なんて言う事が出来ますよ。

合わせて、達成できずに長く待ち望んだ結果【悲願は英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました