フライや串揚げに使う【パン粉】って英語で通じる?

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

エビフライ、トンカツ、コロッケなど揚げ物に大活躍の【パン粉】って英語で通じる?

フライや串揚げに使う【パン粉】って英語で通じる?
フライや串揚げに使う【パン粉】って英語で通じる?

「パン粉」は英語で【通じる】

揚げるとサクサク食感になるパン粉はなんと日本発祥で、海外でも[PANKO]として売られているってご存じでしたか?

「え、海外にも揚げ物あるよ!」と思った方も多いと思いますが、海外には小さい粒の[breadcrumbs]というものがありますが、パン粉とは見た目も食感も全然違うんです。

「パン粉」はパンを細かくちぎったような形状で、揚げるとサクサクの食感が食欲をそそりますが、[breadcrumbs]は砂のように細かい粒状で、揚げるとカリカリ(むしろガリガリ?)の食感になります。

フライスター フライスターセブン 180g
フライスター フライスターセブン 180gがパン粉ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

トンカツやエビフライなどのあの独特のサクサク食感はパン粉(PANKO)でないと表現できないので、海外のスーパーで買い物をするときは中身を気を付けて確認しましょう。

以下の記事「カツカレーは英語で何て言う?」でも紹介しましたが、イギリスで国民食となりつつある「カツカレー」にはパン粉が必須なので、そのような食文化の広まりも「パン粉」がそのまま英語で通じるようになった要因の1つなのかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました