【縄跳び】は英語で何て言う?「二重跳び・あやとび」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

子供の遊びとしてだけでなく、日常のトレーニングなどにも取り入れている人が多い【縄跳び(なわとび)】は英語で何て言う?

【縄跳び(なわとび)】は英語で何て言う?
【縄跳び(なわとび)】 は英語で何て言う?

「縄跳び(なわとび)」は英語で【jump rope】

直訳すると「ジャンプする紐」というなんともわかりやすい英語ですが、[jump rope]は「縄跳び」という名詞としても、「縄跳びをする」という動詞としても、どちらにも使えます。

例えば「今朝縄跳びをした」と英語で言いたい場合、名詞として「縄跳びをする」は[do jump rope]と言うので名詞を使うと[I did jump rope this morning.]となりますが、動詞として使うと[I jumped rope this morning.]となる訳です。

スポンサーリンク

また、縄跳び(なわとび)の英語として、イギリスでは[skip rope]という表現も使われるので一緒に覚えておきましょう。

縄跳びと言えば、二重跳びや交差跳びなどを小学校の時に練習した人も多いと思いますが、このような特殊な縄跳びの技(跳び方)を英語ではまとめて[jump rope tricks]や[jump rope skills]と言う事が出来ます。

「二重とび」や「あや跳び」など様々な縄跳びの跳び方の英語は以下の表を参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク
日本語の縄跳びの技名英語の縄跳びの技名
前跳びbasic bounce (open)
後ろ跳びbackward
あやとびcriss cross
交差跳びcrossover (cross)
二重跳びdouble unders
三重跳びtriple unders
交差二重跳びcross-double unders
[表]:縄跳び(なわとび)の技や跳び方の英語一覧まとめ

合わせて、運動の英語【バック転は英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました